思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

ダンスと「生い出ずる石」

タイ人のパーティに参加してだいぶ酒を飲まされた。始終ディスコで流れるような洋楽を爆音で流しながら食事をしているのでびっくりした。途中から電灯を暗くして、本当にディスコのようにみんなでダンスを始めたので(あまり踊ろうとしないタイ人もいたが)、気恥ずかしく感じる自分を鼓舞してダンスに参加した。

 

俺は自分に鞭打って奮い立たせるように、不器用ながらも、見よう見まねでさぞ楽しんでいるかのようにダンスをするのだが、こんなときに頭に浮かぶのが、カミュの短編小説「生い出ずる石」において描かれるヨーロッパ人の一技師ーー植民地において、原住民の男に代わって石を背に担い、重苦しく頭蓋にのしかかる石を慄える両腕で支えるひとりの男の姿であるとは。俺は他者と交わるときになんという悲痛な孤独を味わい、この大地を孤独に歩むときに、他者との連帯をなんと力強く感じ取ることか。

最近は年齢がひとつ下のタイ人女性エンジニアとともに仕事を進めているのだが、英語でたがいに相談や質問をしたり、他愛ない会話をしているうちに、その女性に恋してしまった。その彼女から、日曜日にタイ人の飲み会に参加しないかと誘われて、舞い上がるほど喜んだ。俺はなんて惚れやすい性格なんだ・・・どうかしている。

新製品をタイの工場で立ち上げるために現地のエンジニアやオペレータが数ヶ月来日しており、最近はかれらとともに仕事をすることが多い。

映画「トロイ」を観た。叙事詩イリアス」「アエネーイス」とのちがいを列挙すればきりがないし、ストーリーも無残なものだ。だが、映画で描かれるヘクトルを圧倒するアキレウスのすさまじい膂力は、「イリアス」におけるかれらの一騎打ちの場面を読んだときの印象と重なるところが大きかった。

 

平川祐弘訳の「デカメロン」が文庫化されるようだ。絶対買う。

 

俺は単独縦走がしたいだけ。クライミングとか登攀にまだ興味を持てない。

積雪期大菩薩嶺

 

会社の同期と2人で大菩薩嶺に登ってきた。斜面の向きや日のあたり具合、風の強さによって、体感気温がころころ変わった。登山道の積雪状況も場所によってまちまちで、アイゼンが必須のアイスバーンがある一方で、雪が溶けてどろどろになった道もあった。気温や積雪状況がひんぱんに変わるのがうっとうしく、あまり登山を楽しめなかった。それでも下山してきたときは、2月には場違いとも思える午後の陽気が身体の程よい疲労を包みこみ、爽快な気分を与えてくれた。

黒岳や滝子山までテント泊で縦走してみたかったのだが、俺が寒がりであることを考えると、やはり日帰りで正解だったと思う。

f:id:wagahimitu:20170302020448j:plain

スキーや冬山登山のために買った防寒用の帽子を紛失した。おそらく、2週間前に蓼科山へ行ったとき、帰りにバス停へいたる車道を歩いている途中に落としてしまったのかもしれない。冬山は装備が多いからいつかこういうことがあるんじゃないかと心配していたが、さっそくやってしまった。今回の山行は帽子なしだが、なんとかなるとは思う。

他人の心証にクソをねじ込んでやりたい

山はいい! 報告だの連絡だの相談だのしなくても、誰にもなんとも言われない! ただ生きて帰ってきさえすれば、その場の思いつきで計画を変更しようが、ひとりで雄叫びをあげようが、道端で野宿しようが、そのへんでクソを撒き散らそうが、誰にもなんとも言われない! 俺は他人の心証というやつにクソをねじ込んで、汚臭にむせ返り何も言えないでいる様を尻目にして山に登りたい! 山に登る俺の背中を、泣きはらして真っ赤になった目で恨めしげに眺めていてほしい! そして俺が寛大にも山からこの地上に下りて、他人の心証というやつのもとへ駆け寄るときも、クソを詰めこまれた臭い口で歯ぎしりを立てて、どうか俺を許さないでほしい! そうしたら俺は俺の寛大さの上にあぐらをかき、良心の優越感をたっぷりと噛みしめることで、他人の心証の権威に思うさま唾を吐きかけることができるから! それで俺はやっと、クソと涙と唾にまみれた他人の心証に優しく微笑みかけることができる気がする。