思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

キートンの大列車追跡」「グランド・ブダペスト・ホテル」「セッション」を観た。

 

「セッション」のラストは強烈だが、フレッチャーの心情の読み取りようによって解釈がコロコロ変わってしまう映画だ。早朝6時の約束、楽譜の紛失、フレッチャーの故意の反故といったいくつかのエピソードは、映画を観るものに対して彼の真意を覆い隠し、解釈を分裂させる役目を果たしているが、おそらくはそれこそがこれらのエピソードの挿入された目的であろう。そうであるならば、映画の結末が、経緯がどうであれフレッチャーとニーマンが望んでいた最良のものであるか、あるいは、ふたりの歪んだ人間たちが引き起こした、ひどく独りよがりなハプニングにすぎなかったのかと問うことには正統な意味がある。そして、この疑問に漂流させられて行き着くのは、才能の不確かさ、あるいは不可視性というもう一つのテーマなのだ。

週末の頸城山塊縦走はあきらめた。なんだか最近は元気が出ない。その代わり土曜日は屋内でランニング、歩荷訓練をした。

週末に妙高山火打山雨飾山を2泊3日で縦走することを考える。今度はスマホをなくしたり壊さないようにしないと。この山行では歩荷訓練のために25キロ程度のザックを背負って歩いてみたい。

登山するときの身体への負荷を評価する指標として、メッツというものがあるようだ。50分で登高できる高さが高くなるほどメッツが高くなり、これはランニング速度に対応させることもできる。例えば空き身で50分に500m登ることができるならメッツ値は8.5であり、毎時8kmの速度でランニングするときの負荷に相当する。逆に言えば、50分のランニングをしたとき、その走破距離から登山時の体力を割り出すことができる。俺は時速13kmで10分走るトレーニングを週に何度かしているが、もしこれを50分継続できるなら約12メッツ、つまり50分に約800m登高できるということになる。

登高するときのメッツ値は、背負うザックの重さによって異なる。30キロのザックを背負ったとき、12メッツというのは50分で500m登る負荷に相当する。俺は35キロのザックを背負って階段の昇り降りをするトレーニングをするときがあるが、このときは20分で200m、つまり50分で500m登高するペースであり、これはおよそ13メッツである。

メッツという単位は運動の負荷を意味しており、個人の体力を指しているわけではない。俺が12~13メッツのトレーニングをしているということは、登山において13メッツの体力を発揮できることを意味しているわけではないだろう。なぜなら、数十分のトレーニングがこなせるとしても、同等のペースを長時間維持できるとは限らないからだ。にしても、あるメッツ値の運動を一定時間継続できるかということは、体力の良い指標になるだろう。

ドニー・ダーコ」を観た。これほど奇妙で得体の知れない映画を観たのは久しぶりだ。全容がまったくうかがい知れず、配置される要素の数々が互いにいがみ合うように競合し、意味がおそろしい軋みを起こして、観るものを残らず惑乱の渦に陥れる映画はいくつか知っている。たとえば、「アメリカン・ビューティー」「2001年宇宙の旅」「ミツバチのささやき」「未来世紀ブラジル」「ビッグ・リボウスキ」などがそうだった。これらの映画はいわばクリシェからもっとも隔たった場所に固有の表現の領土を見出そうとしており、それゆえに解釈されることを拒む、ときとして苛立ちにも似た身振りに満ちみちている。

ドニー・ダーコ」が要素間の不和と軋轢のただなかにのみ、その立ち位置が見いだされるような映画だと言いたいわけではない。しかし、この映画が描く、思春期特有の不安感、外見だけ取り繕われた存在のおぼろげなさは、映画を観て物語を読み解こうとする者が引きずりこまれる混乱と当惑の印象そのものと重なり合うことで、きわめて複雑な効果を生み出しているにはちがいない。

入会希望者として山岳会の例会を見学してきた。みんなでわいわいはまじで勘弁してくれ。技術だけとっとと盗んで、あとは行きたいところに勝手に行くつもりだ。