読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

山か女のことしか考えられない

会社の先輩で、気になっている女性を食事に誘ってみたが、「職場の歓送会のときならいいよ」と無難に断られた。俺はその先輩を前にしてどぎまぎするのを隠しおおすことができなかったので、そのぎこちなさは、物言いを、さぞかし相手を詰問して試すようなひどいものにさせていたにちがいないのだが、優しい口調で包みこまれた彼女の心遣いに俺はいたく心を打たれて、思わず泣きそうになった。

 

俺がこんなに女性のことばかり考えてしまうようになったのは、原因は明らかで、山に登らず、文学にいっさい触れてないからである。この二つのどちらかにどっぷり浸っていれば、自分の世界を築くことに熱中するあまり、異性など歯牙にもかけなかっただろうが、社会人という身分がそれを許さない。そして、もうひとつの要因として、同期の下卑た冗談がなぜか俺にとって強い励ましになってしまっているからでもある。頭の中が女性のことでいっぱいだということをあるとき同期に相談したとき、かれは俺をからかってこう口にしたのだった。「お前はこれから女という山に登るんだ」。救いようのないこの桃色の脳みそを誰かどうにかしてくれ。