読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

聾唖のおっさんとの邂逅

大学院を同年度に修了した同期や先輩と東京で食事をした。軒先にまでテーブルがはみ出しているような、活気のある豪快な海鮮居酒屋でコーラを飲みながら談笑していたところ、隣で機嫌よく飲んでいた聾唖のおっさん二人にからまれる。おっさんの一人が手記を交えつつ、やたらと元気よくジェスチャーをしているのを読み解くと、そのおっさんは大阪生まれの元ヤクザだという。ヤクザ時代は500万円を期日までに調達する仕事を請け負っていたとのことで、調達できないと指を詰める羽目になると言っていた。しまいにはドンパチをやらかして刑務所に15年入っていたらしい。今はヤクザをやめて、これから六本木のクラブに行っておっぱいのデカい女の子と楽しんでくるのだという。

自分にやたらと寄ってくる人間は財布をかっぱらおうと企んでいるおそれがあるので、詐欺には気をつけた方がいい、特にかわいい女の子には警戒しろという訓戒をもらった。ちなみに、おっさんは22歳で結婚したとも言っていた。彼女を作るには自分から積極的に探すことはせず、自然体でいれば気の合う人がおのずからできるとのことらしい。

 

おっさんたちにはコーラとサーモン刺とサバ刺をおごってもらった。おっさんの話は完全に真偽不明なのだが、かれらが聾唖であったことは事実だろう。なんという邂逅だったことか。