読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

2012年にDeepa Mehtaを監督としてサルマン・ラシュディの小説「真夜中の子供たち」が映画化されているのだが、日本では映画公開やDVD化どころか、ほとんど話題にも上っていないではないか。これは俺にとっては残念なことだが、それ以上に非常にもったないことでもある。面白さは「スラムドッグ・ミリオネア」にひけをとらないと思うのだが・・・