読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

ローマ帝国衰亡史」第一巻を読んだ。ギボンの大著に興味を持った理由は二つある。「文学とは何か」のイーグルトンがその文体を好んでいたというのが一つ。マルグリット・ユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」が気になっていたのだが、ハドリアヌス帝って誰やねん、とつねづね思っていたのが二つ。

古代ローマに著された文学でこれまで読んできたものを列挙すると、マルクス帝「自省録」、カエサルガリア戦記」、セネカ「生の短さについて」、キケロ「国家について」、ホラティウス「詩論」、オウィディウス「変身物語」、ウェルギリウスアエネーイス」、ペトロニウス「サテュリコン」、そして時代はやや異なるがアウグスティヌス「告白」の一部。古代ローマを舞台にした文学作品となると、シェイクスピアジュリアス・シーザー」、ブルガーコフ巨匠とマルガリータ」くらいしか思いつかないが、他にもあるかもしれない。

そんなわけで次はユルスナールを読む。