思ったこと、考えたこと。

日々思ったことや考えたことを日記代わりに綴っていきます。がんばります

西穂高岳-槍ヶ岳縦走

「ダラス・バイヤーズクラブ」「最高の人生の見つけ方」を観た。

表妙義縦走、赤岩尾根(敗退)

「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」を観た。

乾徳山登山

山岳会の人と2人で乾徳山に行ってきた。山頂手前の岩場が面白かった。

新穂高温泉から室堂まで縦走するという圧倒的計画を立てている。いけるかな? 映画「エマ」を観た。オースティンの原作にかなり忠実だが不満もある。原作において、世間知らずの似たもの同士だったエマとハリエットの容姿を徹底して差別化してしまうことで、…

「アバウト・タイム」と、メル・ギブソン版の「ハムレット」を観た。 久しぶりに千葉に帰ってきたので、2ヶ月ぶりに地元のジムでボルダリングをしたのだが、やはり4級でもできる課題とできない課題があり、できないものは2ヶ月経っても相変わらずできない。…

出張先のボルダリングジムの4級はだいたい登れるようになったが、3級がまるで手が出せない。出張する前の3月から何も進歩していないように思うのだが、俺はどうすればよいのだろうか?

柴崎ロックでクライミングをしてきた。5.10aが登れず、ショックを受ける。ジムでは5.10cをオンサイトできるのに、どうして外岩ではこんなにも登れないのか・・・

一人当たりGDP

日本の一人当たりGDPがアメリカやドイツと比較されて、日本の低さがよく問題とされる。だが、一人当たりGDPが国ごとの産業構造や人口動態、福祉制度に依存しない指標だとするならば、1位のルクセンブルクや3位のマカオと比較して、こうした都市国家における…

ヨセミテにおけるクライミングの歴史をまとめたドキュメンタリー「Valley Uprising」を観た。 Because in the end, you won’t remember the time you spent working in the office or mowing your lawn. Climb that goddamn mountain. ージャック・ケルアック

沢登り用にモンベルのサワートレッカーとネオプレーンソックスを買った。合わせて16000円で、雪山登山靴と比べてびっくりするほど安い。スパッツは山岳会の先輩から譲ってもらったので、沢登りの装備は一通り揃った。初めは初級の沢山行に参加して初歩的なこ…

軽いうつ状態になっているようだ。4月から急に長期出張になって残業が増えたのと、仕事をする環境が整っていないためだろう。ネットにまともに接続できないなかでメール対応をしなければいけない状況が続いている。そのうえ仕事がくそつまらんのでストレスが…

「オールド・ボーイ」「モンティ・パイソン ホーリー・グレイル」「キートンの探偵学入門」「遊星からの物体X」を観た。1951年版の白黒映画「遊星よりの物体X」を観たことがあるが、もちろん今回観た1982年版の方がグロいし怖い。 「モンティ・パイソン ライ…

西丹沢モロクボ沢遡行

沢登り楽しいやんけ!

レメディオス・バロ

トマス・ピンチョン「競売ナンバー49の叫び」を読んだ。映画「人生スイッチ」を観た。 「競売ナンバー49の叫び」がきっかけでシュルレアリスム画家レメディオス・バロに興味をもつようになった。彼女の作品のひとつ「 出会い」をネットで見つけたが、こんな…

結婚条件

会社の同期と一年ほど前に初冬の丹沢を2人で縦走したのだが(以下の記事に記録を残している)、かれは、このときに俺が雪で作ったモニュメントの写真をマッチングアプリのプロフィール写真に使っているとのことである。そしてかれは、このモニュメントがな…

マリリン・ロビンソン「ギレアド」を読んだ。この語り口、苦みとともに振り返られる過ぎ去った日々の追憶へのゆるやかな慕情は、ユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」を思い起こさせる。 映画「Uボート」を観た。

「ビフォア・サンセット」を観た。 2ヶ月ぶりにボルダリングしたら、6級にすら登れなくなっていた。俺が退化したのではなく、栃木のジムのレベルが千葉とまるでちがうからだと思う。腕いたい・・・

映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」「ミッドナイト・イン・パリ」を観た。 般若心経と金剛般若経の現代語訳を読んだ。現代語では漢訳の書き下し文からかなり意訳されているようで、以下の句の連なりがかもし出す複雑怪奇さは失われている。 まさに色に…

瑞牆山・金峰山ハイキングと裏妙義縦走

4月28日から29日にかけて、一泊二日で瑞牆山と金峰山に行ってきた。金峰山頂上にある五丈岩に登ろうとしたが、ビレイ無しであれを登る気にはなれなかった。バカでかい雪山登山靴を履いていたので、たとえ無茶をしたとしても完登できなかったと思う。 5月1日…

テグジュペリよ、どうか俺をおそろしい重力の魔法から救い出しておくれ。針のむしろに寝転がるような、他者と関わることの苦しみのもとから上空へとすくい上げて、俺が自分の足でふたたび痛みのもとへと帰り着くだけの寛大さを与えておくれ。誰が帰還を待ち…

アンザイレンのコンティニュアスは下策だと思う

先月に、阿弥陀岳をコンティニュアスで登攀中のパーティが滑落し、アンザイレンでつながれたメンバーが巻きこまれて3人が死亡した遭難事故があった。 個人的な考えだが、スタカットではなくコンティニュアスで登攀することは、滑落した際の被害拡大のリスク…

俺が頑として車を買わないのは、ガソリン代や高速代が著しく高いからだけではない。ただ所持しているだけでも駐車場代や車検代、重量税などでお金の負担が毎年発生するため、財産というよりは負債であると考えているからだ。原付バイクや公共交通機関で生活…

長期出張にともない、千葉から栃木まで120キロの道のりを原付バイクで出張移動することを考えるが、ただの旅行ならまだしも、ノートパソコンや会社の資料を背負って時間内に無事到着できるかは少し疑問に思う。本当は配達会社に依頼してバイクを輸送したいの…

出張手当がたくさん振り込まれるので、下手に残業するよりずっと給与が増える。 ハイエク「隷属への道」を読む。フリードマンの「資本主義と自由」やJ.S.ミルの「自由論」を想起し比較しながら読むが、単なる自由放任主義ではない、ハイエクが唱えるところの…

巻機山から越後駒ヶ岳、あるいは平ヶ岳まで縦走するのは、4月から5月にかけての残雪期しか不可能だ。山岳会の連中がなんと言おうと、5月の連休はこのルートに挑戦してやる。これは俺にとってアルパインの幕開けでありその試金石となるだろう。

「ダークナイト ライジング」を観た。うーん・・・そもそも、ウェインがミランダを信用して彼女に核融合炉を託さなければ、こんな面倒なことにはならなかったのではないだろうか? ウェインがなにを根拠に彼女を信頼したのかがわからないので、役員のダゲッ…

映画「阪急電車」を観て泣きそうになった

黒澤明の「隠し砦の三悪人」を観た。うーん、あんまり面白くない・・・ 今週末会う予定の女性が映画「阪急電車」が好きだというので、話題作りのために観たのだが、予想を遥かに上回るひどさだった。石抱きの拷問を食らわされているようなつらい思いをしてま…

「ミスト」について考え直す

『ミスト』ネタバレ感想: 私がこの結末を衝撃的だとは思わなかった理由 https://marsconnector.com/entertainment/cinema/the-mist.html 「ミスト」は愚にもつかない不快なだけのパニックホラーだと思っていたが、このレビューを読んで少し評価を改めた方が…